平成30年度第3四半期 随意契約

整理
番号
契約年月日 契約区分 契約方式 契約件名 数量又は
予定数量
契約金額又は
契約単価(円)
金額(単価)
備考
契約の相手方 随意契約によった場合の理由 契約担当部署 備考
氏名 住所
1 2018年10月05日 役務 随意契約 小児用体外設置式補助人工心臓駆動装置2式の保守点検 1 6,026,400 ㈱カルディオ 兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-5 日本で唯一の輸入元である㈱カルディオが直接保守・点検を行っているため、他社との競争を許さない。 病院総務部企画運営課
2 2018年10月09日 購入 随意契約 154/115GHz 2周波数ジャイロトロン用部品 1 14,830,560 東芝電子管デバイス株式会社 栃木県大田原市下石上1385 本部品は東芝電子管デバイス(株)製であり、全て代理店等を一切通さず、同社による直接販売のみであるため。 財務部契約課
3 2018年10月12日 製造 随意契約 便座カメラ改造開発(臨床試験用改造) 1 5,594,400 ㈱SEtech 神奈川県藤沢市鵠沼橘2-11-13 本契約は、平成29年度試作品をとして作成した便座カメラ及び そのソフトについて、平成30年度は臨床試験に耐えうる測定装 置に改変するために、改造開発を行うものである。この便座カ メラは、株式会社SEtechが、特許権を取得しており、開発途中 のこのシステムにおいて他者に利用を許可していない。、 以上のことから、特許権を有している株式会社SEtechと契約を 締結するものである。 財務部契約課
4 2018年10月23日 借入 随意契約 2018年度SGH全国高校生フォーラム開催に係る会場借り上げ等業務 1 9,255,904 株式会社東京国際フォーラム 東京都千代田区丸の内三丁目5番1号 文部科学省が事前に会場を決定した上で、本学が受託をしている事業 であるため。 【文部科学省が東京国際フォーラムを選定した理由】 (1)スーパーグローバルハイスクール誕生5年目は、開催地である東京 都教育委員会と連携し、SGHとSGHアソシエイトの高校生、東京都によ るグローバル10の高校生が集結する。そのため、東京都内の会場で 開催する必要がある。 (2)全国からSGHとアソシエイト高校生が集まるため、会場周辺の交通 の便が良く宿泊施設が充実しているため。本会場は、ターミナル駅で ある東京駅より徒歩5分・有楽町駅から徒歩1分の場所に立地してお り、羽田空港および成田空港からのアクセスが充実している。また、 周辺に多数の宿泊施設がある。 財務部契約課
5 2018年11月16日 役務 随意契約 筑波大学輸出管理システム機能拡張 1 5,693,490 コーディア(株) 東京都豊島区北大塚1-22-3-402 請負者が著作権を保有しているため 契約課
6 2018年11月19日 役務 随意契約 高精度放射線治療システム一式 1 6,464,448 6,464,448 SMFLキャピタル株式会社 東京都港区赤坂5-2-20 再リース 病院総務部企画運営課
7 2018年12月04日 役務 随意契約 がん遺伝子データ解析サービス(PleSSision検査)及びVPNハードウェアキーの賃貸借 1 7,135,776 複数単価契約 のため、契約金額は予定総価 三菱スペース・ソフトウェア株式会社 兵庫県尼崎市塚口本町5-4-36 本院は、がんゲノム中核拠点病院である慶応大学病院の連携病院として国に認定されており、慶応大学病院と同様の遺伝子データ解析を行う必要がある。そのため、慶応大学病院と同じ会社のシステムを使用しなければならないため 病院総務部企画運営課
8 2018年12月20日 役務 随意契約 2019年SpringerLink e-Journal Legacy Package、Nature JournalsおよびAcademic Journalsの利用 1 83,454,357 Springer NatureCustomer Service Center GmbH Tiergartenstrasse 15-17, 69121 Heiderlberg, Gerymany 排他的権利の保護 学術情報部情報企画課
9 2018年12月21日 役務 随意契約 ヒューマンカロリーメーター(富士医科産業㈱)移設作業 一式 1 45,678,600 45,678,600 富士医科産業株式会社 千葉県柏市大塚町4-14 国際統合睡眠医科学研究機構では、ヒューマンスリープラボの研究室拡大に伴い、富士医科産業株式会社との共同研究「エネルギー代謝と睡眠計測を同時に行える研究装置の開発」で使用している、同社製のヒューマンカロリーメーター(エネルギー代謝測定装置)を、現在設置されている睡眠医科学研究棟316室より、COI棟502室へ移設する。 当該作業にあたっては、移設・再設置後も装置の精度が保たれるように、移設、運搬、再設置、調整及びこれらに付帯する作業を実施する必要があり、これらを一貫して保証できるのは、装置の取扱いや詳細情報を熟知している富士医科産業株式会社のみである。 国際統合睡眠医科学研究機構

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)
Copyright (c) 2007. University of Tsukuba All Rights Reserved.