2019年度第4四半期 随意契約

整理
番号
契約年月日 契約区分 契約方式 契約件名 数量又は
予定数量
契約金額又は
契約単価(円)
金額(予定総額)
(税込)
契約の相手方 随意契約によった場合の理由 契約担当部署 備考
商号又は名称 住所
1 2020年01月17日 購入 随意契約 C-CAT環境(症例テンプレート・ワークフロー機能)構築対応 1 10,236,600 10,236,600 富士通株式会社 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-11-20 富士通株式会社より導入した医療情報統合システムについて修正を 行うものである。システムについてはベンダー固有のプログラム構 造、マスタ構造となっており、他ベンダーに修正依頼を行う事は事 実上困難であり、本システムの修正は現行開発ベンダーである富士 通株式会社に委託開発をする以外になく、国立大学法人筑波大学財 務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務規則施行規程 第67条第1号により随意契約に付すものである。 病院総務部管理課
2 2020年02月18日 役務 随意契約 筑波大学シリコンバレー拠点を活用した研究シーズ事業化実装プログラムの開発・運用 1 8,800,000 8,800,000 株式会社IBJ 東京都港区虎ノ門4丁目3番20号 国立大学法人筑波大学(以下「本学」という。)では、文部科学省 令 和元年度地域産学官連携科学技術振興事業費補助金「オープンイノベー ション機構の整備事業」の採択を受け、2019年10月1日にオープンイノ ベーション国際戦略機構(以下「OI国際戦略機構」という。)を設置 し、国際的なオープンイノベーション戦略の検討を行っている。 本件は、そのオープンイノベーション戦略策定の一環としてベンチャー エコシステムの構築を目指すにあたり、大学発研究シーズの事業化を実 装支援する教育・研修プログラムを設計するとともに、本学シリコンバ レー拠点を最大活用しながら上記プログラムの運用・実行を委託するも のである。本学シリコンバレー拠点とは、平成30年12月25日付にて、本 学とIBJ社との間で締結された「The Laboratory for Intellectual Innovation (LII)におけるイノベーション創発/スタートアップ立ち上 げに関する業務委託契約」に基づいて設置された活動拠点であり、本件 は、同契約書第4条3の規定に基づく個別プロジェクトとして実施するも ので、IBJ社と随意契約するものである。 以上のことから、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国 立大学法人筑波大学財務規則施行規程第67条第1号よりIBJ社と随意 契約をするものである。 財務部契約課
3 2020年02月21日 役務 随意契約 Springer eBooksの情報提供業務 1 6,504,021 6,504,021 Springer Nature Customer Sevice Center GmbH Tiergartenstrasse 15-17, 69121 Heidelberg, Germany Springer eBooksはSpringer Nature Customer Sevice Center GmbHが 専売している為競争を許さない。 学術情報部情報企画課
4 2020年02月25日 役務 随意契約 国立大学機能強化事業「国際的通用性のある教育システムの構築」に係る業務委託契約 1 6,226,885 6,226,885 Colin Goding 外8名 14 Caxton House,Caxton Lane,Oxted,Surrey,RH8OTE,UK 外8カ所 本事業(ライフイノベーション学位プログラム)では、事業の推進のため著名な外国 人教員の招聘・雇用を行うこととしており、2014年10月からオックスフォード大学の 教員9名と業務委託契約を締結し、講義・セミナー等を実施してきた。この契約が 2020年3月31日で終了するため、今回契約更新をする。  業務を委託するColin Goding教授をはじめとする9名の教員は、幹細胞や神経科 学、がん等の研究を専門としており、本プログラムの領域と関連深い。オックスフォ ード大学の参画は、同プログラムにとって不可欠であり、また、今後の同プログラム の更なる発展に向けては、オックスフォード大学との更なる連携強化なくしては実現 不可能である。  よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財 務規則施行規程第67条第1号の規定により、随意契約に付するものである。 財務部契約課 44,500ポンド 3/2学内レート139.93円
5 2020年02月26日 購入 随意契約 乗合バス定期券 6000 9,500 57,000,000 関東鉄道株式会社 茨城県土浦市真鍋1丁目10番8号 本件は、本学が学内とつくばセンター間を運行している関東鉄道バスの定期券の購 入に関する契約で、この定期券は、本学の学生の通学用と教職員の通勤用の定期券 として使用しているものである。 今回、購入する特殊定期券(大口割引企業用定期券)の適用地域は現在運行してい る関東鉄道㈱のみが運輸局より許可を得て路線バスとして運行している。また、特 殊定期券(大口割引企業用定期券)の販売は、他社を経由することなく関東鉄道㈱ が直接販売をしている。 よって、契約の相手方は関東鉄道㈱以外になく、他社との競争が不可能であるた め、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務 規則施行規程第67条第1号により随意契約を行うものである。 財務部契約課
6 2020年02月28日 役務 随意契約 令和2年度遠隔講義・自動収録システム保守業務 一式 1 12,650,000 12,650,000 エイチ・シー・ネットワークス株式会社 東京都台東区浅草橋1-22-16 「遠隔講義・自動収録システム」(以後、当システム)は、筑 波大学の約30教室に整備されている、講義風景の収録や他大学 との遠隔講義を自動的に実施するためのシステムのことであ り、平成26年3月末に導入された。本件は、当該システム、およ び、その後追加整備された設備の年間保守にかかわる契約であ る。  エイチ・シー・ネットワークス(旧社名 日立電線ネットワー クス)は、当システムの導入業者であり、当システムの設計や 整備状況について細部まで精通している。さらに、当システム の中核をなす商用ソフトウェア製品であるConference@Adapter の開発者および著作権保有者でもある。また、直接保守証明書 のとおり、システムの設計仕様は公開しておらず、保証窓口で あるエイチ・シー・ネットワークス以外に動作保証ができない ため、保守を実施することができるのはエイチ・シー・ネット ワークスを措いて他にはなく、同社以外が保守を請け負うこと は不可能である。  よって、遠隔講義・自動収録システムの保守に関わる迅速か つ適切な作業を実施することのできる業者はエイチ・シー・ネ ットワークスが唯一の業者であるため、国立大学法人筑波大学 財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務規則施 行規程第67条第1号により随意契約に付すものである。 財務部契約課
7 2020年02月28日 役務 随意契約 TOEFL ITPテスト資材の提供 1 8,418,000 8,418,000 一般社団法人CIEE 国際教育交換協議会  東京都渋谷区神宮前5-53-67 本学ではグローバル人材育成事業の一環として「TOEFL PracticeⅠ ~Ⅲ」、「TOEFL Preparation」及び「TOEFL Academic EnglishⅠ、Ⅱ」の3科目を開 設し、TOEFL ITPの試 験で550点以上取得できるよう、学生育成を目指している。 この科目は学生にTOEFLの試験を受験させるために開設しているの で、他の団体の試験で は関連が薄れてしまう。 TOEFL ITPテストはEducational Testing Service(米国非営利団 体)が作成・運営してお り、日本国内においては唯一一般社団法人CIEE 国際教育交換協議 会が委託を受け提供し ている。 以上のことから「TOEFL ITPテスト資材の提供」の契約相手方とし て一般社団法人CIEE国 際教育交換協議会と随意契約を行うものである。 財務部契約課 複数単価契約のため、契約金額は予定総価
8 2020年03月03日 役務 随意契約 最先端多重複合型計算機計算機システム増設ノードの保守 1 9,995,700 9,995,700 日本電気株式会社  東京都港区芝五丁目7番1号 計算科学研究センターでは最先端多重複合型計算機システム(Cygnus)を平成 30年11月13日付けで日本電気㈱株及びNECキャピタルソリューション㈱株と賃 貸借契約を締結し平成31年4月1日より運用を開始した。 また、Cygnusを運用するにあたり、平成30年度に増設ノードを、令和元年度に 拡張システムを導入し、全国の最先端計算科学研究により多くの資源を提供す ることが可能になる。 Cygnus本体は、日本電気㈱が構築と運用支援を行っており、今回の増設ノード 及び拡張システムの保守についても日本電気㈱の技術及びCygnusの運用に関わ ってきた経験に基づくきめ細かい構築と運用支援が必要であり、それ以外の業 者と契約する選択肢がない。  以上の理由により、本件の契約の相手方としては日本電気㈱以外にはないた め、競争することはできない。  よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑 波大学財務規則施行規程第67条第1号により随意契約を行う。 財務部契約課
9 2020年03月04日 購入 随意契約 QS Analytics Academic Reputation Tracker及び Employer Reputation Tracker datasets購入 1 7,415,400 7,415,400 Quacquarelli Symonds Limited Tranley Mews, Fleet Road London NW3 2DG United Kingdom 当該データは、QSが独自の指標に基づき公表したランキングにおいて使用したデータであ り、同じデータを提供できるものは他にはなく、排他的要件を満たしている。また、QSが直 接販売しているため、競争を許さない。 よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務規則 施行規程第67条第1号により、QSと随意契約を行うものである。 財務部契約課 68,000USD 2/3学内レート109.05円
10 2020年03月04日 役務 随意契約 CALL(マルチメディア外国語学習)システム保守 一式 1 5,709,000 5,709,000 KDDI株式会社 東京都新宿区西新宿二丁目3番2号 グローバルコミュニケーション教育センターではCALL(マルチメディア外国 語学習)システム(以下「システム」という。)を平成27年4月1日から令和2年 3月31日までリース契約をKDDI㈱及びJA三井リース㈱と行っていた。シス テムのリース期間終了に伴い、一部再リースを行い使用することになった。6年 目となるシステム正常使用のために機器の保守及びソフトウエアのライセンス更 新を行う必要がある。 リース開始時にシステムの設計・保守等を行っていたKDDI㈱が代理店等を通 さず直接保守を行っており、一部再リースに伴う保守もKDDI㈱以外の業者と 契約する選択肢がない。また、システムのカスタマイズも行っており、その部分 の保守はKDDI㈱以外ではできず、他社が保守を行った場合にはシステムの動 作保証ができない。  以上の理由により、本件の契約の相手方としてはKDDI㈱以外にはないた め、競争することはできない。  よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波 大学財務規則施行規程第67条第1号により随意契約を行うものである。 財務部契約課
11 2020年03月10日 借入 随意契約 メラ人工心肺装置HASⅡ型一式の賃貸借(再リース) 12 440,000 5,280,000 ティック株式会社 東京都北区王子本町1-17-6 再リースのため 病院総務部管理課
12 2020年03月18日 役務 随意契約 液体ヘリウム充填業務 1 7,162,100 7,162,100 株式会社日立ハイテクフィールディング 東京都新宿区四谷四丁目28番8号  本業務を遂行するにあたり、日立心臓磁気計測システムMC-6400のシステム 全体(動作原理も含めて)の知識を有し、かつ本システムを操作して動作確 認できる者でなくてはならない。  液体ヘリウム補給作業には、補給前と補給後の装置動作確認も含み、補給 後の装置が確実に使用できる状態であることや補給作業の不手際が原因でト ラブル及び故障が発生した場合の責任範囲を明確にすること(補給作業の不 手際による装置の故障は、装置の保証期間内であっても、補給業者の責任範 囲となるため)が本業務において必須となる。  万が一、液体ヘリウム補給作業によるトラブル及び不手際が原因で装置故 障が発生した場合は、直ちに本システム本体も含めてトラブル対処並びに故 障の復旧にあたれる者でなければならない。かつ、故障の復旧にあたって は、本システムは心磁計として医療機器であるため、医療機器の修理業者で あることが必要となる。  また、液体ヘリウムは極低温(マイナス269℃以下)の液体であることと、 常温では気化して約760倍に膨張することから安全に作業を行うためには、そ の特性と取り扱いを十分理解する必要があり、液体ヘリウムの取り扱いに精 通した者でなくてはならない。 上記のことをふまえて、本システムの液体ヘリウム補給作業を安全にかつ装 置を故障させないように行うためには、補給を実施する業者のサービス体制 について、日立ハイテクノロジーズによる審査を受けることはもちろんのこ と、その作業者については、本システム全体の知識ならびに操作に精通し、 かつ装置本体の操作も含めて液体ヘリウム補給作業ができるように、日立ハ イテクノロジーズではその作業者に対してトレーニング(一週間以上)を受 講させ、その適性および能力を判定して、作業者として日立ハイテクノロジ ーズの認定を受けた者のみが本システムの液体ヘリウム補給作業を実施でき ることとなっている。従って、日立ハイテクノロジーズの認定を受けていな い業者ならびに作業者が、本システムの液体ヘリウム補給作業を行うことは できない。また、一度認定された者であっても、その能力を維持するため に、定期的に更新することになっている。  (株)日立ハイテクノロジーズの代理法人である(株)日立ハイテクフィ ールディングがサービス業務委託を委任されており競争を許さない。  従って、本学財務規則第66条第4項及び同施行規程第67条第1号の規程に基 づき、(株)日立ハイテクフィールディングを契約の相手方として随意契約 によるものとする。 病院総務部管理課
13 2020年03月19日 役務 随意契約 SciFinder(Academic)による情報検索サービスの利用 1 18,137,560 18,137,560 一般社団法人化学情報協会 東京都文京区本駒込6-25-4 SciFinder(Academic)による情報検索サービスは一般社団法人化学情 報協会が専売している為競争を許さない。 学術情報部情報企画課
14 2020年03月19日 役務 随意契約 ScienceDirect®の利用 1 190,226,709 190,226,709 エルゼビア・ビー・ブイ オランダ王国アムステルダム市ラーダーヴェヒ29 ScienceDirect®による電子雑誌サービスはエルゼビア・ビー・ブイが 専売している為競争を許さない。 学術情報部情報企画課
15 2020年03月25日 役務 随意契約 2020年4月度診療報酬改定に伴う統合医療情報システムの改修 1 11,220,000 11,220,000 富士通株式会社 神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1 本件は、附属病院の統合医療情報システムにおいて運用している下記のシステムについて、2020年 4月の診療報酬改定に伴いプログラム、マスタ等の修正を実施するものである。 (1) 医事会計システムのプログラム、マスタの修正 (2) DPCCompassのマスタの修正 (3) 電子カルテシステムのプログラム、マスタの修正 (4) 自科検査システムのマスタの修正 (5) 輸血管理システムのマスタの修正  (6) リハビリシステムのプログラム、マスタの修正 (7) 放射線・機能検査・内視鏡技師支援システムのマスタの修正 (8) 総合地域連携システムのマスタの修正 (9) DWH・カルテ参照システムのプログラム、マスタの修正     業者選定理由(随意契約理由)  富士通株式会社より平成30年4月に導入した「統合医療情報システム」のうち、上記システム及 び機器に対して改修を行うものである。システムについてはベンダー固有のプログラム構造、マス タ構造となっており、他のベンダー等に修正依頼を行うことは、極めて困難であり、本システムの 修正は現行の開発ベンダーである富士通株式会社に委託・改修を依頼する以外になく、国立大学法 人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務規則施行規程第67条第1号に より随意契約に付すものである。 病院総務部管理課
16 2020年03月25日 役務 随意契約 SciValの利用 1 9,725,261 9,725,261 エルゼビア・ビー・ブイ オランダ王国アムステルダム市 SciValはオランダ王国のエルゼビア・ビー・ブイ社が行う研究評価レポートサービスであり、同社が日本国内において販売売主として直販しているため競争が出来ない。 よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財務規則施行規程第67条第1号によりエルゼビア・ビー・ブイ社と一者随意契約を行うものとする。 財務部契約課
17 2020年03月30日 購入 随意契約 放射性医薬品 (クエン酸ガリウム-Ga67注射液 外) 1 109,194,250 109,194,250 公益社団法人日本アイソトープ協会 東京都文京区本駒込2-28-45 放射性医薬品の供給は、公益社団法人日本アイソトープ協会が国内で 唯一の販売機関である。よって同協会との間において、国立大学法人 筑波大学財務規則第66条第4項並びに国立大学法人筑波大学財務規 則施行規程第67条第1号の規定により随意契約をするものである。 病院総務部管理課 複数単価契約のため、契約金額は予定総額
18 2020年03月30日 役務 随意契約 筑波大学小型船舶等の保管 1 5,546,890 5,546,890 株式会社ラクスマリーナ 茨城県土浦市川口2丁目13番6号 霞ヶ浦には株式会社ラクスマリーナが経営する霞ヶ浦ヨットハーバー 以外に、本学所有の小型船舶等を保管可能な場所はないため、国立大 学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び国立大学法人筑波大学財 務規則施行規程第67条第1号により随意契約を締結した。 財務部契約課
19 2020年03月30日 役務 随意契約 被曝放射線量測定業務 1 27,245,196 27,245,196 株式会社千代田テクノル 東京都文京区湯島一丁目7番12号 ガラスバッジは、株式会社千代田テクノルが、開発・製造しており、他社では取扱いがない。 また、上記請負は株式会社千代田テクノルが他者を介さず直接行っている。 よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び同施行規程第67条第1号に基づき、株式会社千 代田テクノルと随意契約を締結する。 財務部契約課 複数単価契約のため、契約金額は予定総額
20 2020年03月31日 役務 随意契約 陽子線照射設備運転業務 一式 1 40,195,238 40,195,238 株式会社日立製作所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 随意契約の理由 (1) 当該業務に不可欠な技術情報等は、日立製作所のみが所有しており、本業務を 行える唯一の業者である。 (2) 当該業務について責任を負うことができる唯一の業者である。 筑波大学陽子線医学利用研究センターは、センター内に設置されている陽子線照射設 備等を管理し、この設備を用いて陽子線による癌治療の適応拡大、治療法の確立及び関 連する新技術の開発研究を行っている。 本設備の安全な運転及び健全な状態の維持は、治療に使用する装置として非常に重要で ある。  本設備の運転業務を行うためには、現有の機器の詳細な技術情報及び使用されている ソフトウエアの全ての内部情報を必要とする。また、これらの作業には、加速器との連 動を含めシステム全体を熟知した技術者による調整が不可欠であり、これらの情報無し で装置を取り扱うことは、本院にとって重大な影響を与える可能性があり、治療時の安 全性への影響も考えられる。 本設備は、株式会社日立製作所が製造、納入したものであり、その内部情報は一切外部 に公開はしていないため、同社はシステムの詳細な内容を熟知し、その運転業務を行え る唯一の業者である。また、設備の運転について責任を負う事ができるのは、同社のみ である。 よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び同施行規程第67条第1号 の規定により株式会社日立製作所と随意契約をするものである。 病院総務部管理課 複数単価契約のため、契約金額は予定総額
21 2020年03月31日 役務 随意契約 陽子線照射設備定期保守業務 一式 1 285,450,000 285,450,000 株式会社日立製作所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 随意契約の理由 (1)当該業務に不可欠な技術情報等は、日立製作所のみが所有し ており、本業務を行える唯一の業者である。 (2)迅速な緊急保守や老朽化対策の検討を行うことができる唯一 の業者である。 筑波大学陽子線医学利用研究センターは、センター内に設置され ている陽子線照射設備等を管理し、この設備を 用いて陽子線による癌治療の適応拡大、治療法の確立及び関連する 新技術の開発研究を行っている。  陽子線照射設備は、陽子加速器、ビーム輸送装置、回転ガントリ ー等、また、これらを制御するソフトウエア群 により構成されている。これらを健全な状態で保守、維持し、十分 な品質を実現することは治療に使用する装置と して非常に重要である。  この設備全体の定期保守業務を行うためには、現有機器の詳細な 技術情報及び使用されているソフトウエアの全 ての内部情報が必要で、これらの作業には、システム全体を熟知し た技術者による調整が不可欠である。 また、万が一、緊急障害が発生した場合、速やかに原因を特定し 対応を行う必要がある。さらに、装置の老朽化 に伴う各装置の寿命並びに対応策を検討し、装置延命のための更新 や使用が困難となる可能性がある装置・部品等 を調査し、必要に応じてその対応策を提案することも必要とされ る。 これらの緊急保守・装置の更新・提案無しで装置を取り扱うこと は、設備の維持にとって重大な影響を与える可能 性があり、治療時の安全性への影響も考えられる。 この設備は、株式会社日立製作所が製造、納入したものである。同 社はシステムの詳細な内容を熟知しており、そ の保守を行える唯一の業者である。 更に、最近の制御システムは、ソフトウエアによりその機能の多く が実現されており、設定パラメータの内部での 取り扱いを決めるソースコードが著作権により保護されていること より、他の業者が保守等を行うのは不可能であ る。 よって、国立大学法人筑波大学財務規則第66条第4項及び同施行 規程第67条第1号の規定により株式会社日立 製作所と随意契約をするものである。 病院総務部管理課
22 2020年03月31日 購入 随意契約 血液製剤(人全血液-LR「日赤」 外) 1 441,050,534 441,050,534 日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター 東京都江東区辰巳2-1-67  本契約物品である血液製剤(血液製剤のうち,全血製剤及び血液成分製剤の全品 目)の供給は,唯一日本赤十字社が担っており,本院所在地域にあっては,同社関東 甲信越ブロック血液センターに特定されるため競争を許さない。また,同社は,日本 赤十字社法(昭和27年法律第305号)に基いて設立された公法人である。  よって,国立大学法人筑波大学財務規則第66条第5項及び財務規則施行規程第68条第 6号(公法人と契約をする場合)の規定により随意契約とするものである。  なお,血液製剤の調達については,昭和56年1月7日付国会第127号「血液製剤の調達 に関し随意契約によることについて(通知)」により,国の物品等又は特定役務の調 達手続の特例を定める政令第13条第1項の規定による随意契約によろうとする場合の財 務大臣への協議が整ったものとして処理して差支えない(昭和55年12月24日付蔵計第 3097号大蔵大臣通知により協議済み)旨,文部省大臣官房会計課長より通知がなされ ている。 病院総務部管理課 複数単価契約のため、契約金額は予定総額
23 2020年03月31日 購入 随意契約 イリジウム192線源 4 1,721,500 6,886,000 公益社団法人日本アイソトープ協会 東京都文京区本駒込二丁目28番45号 標記の物品については、製造元である蘭国Curium Netherlands B.V.社の国内唯一の販 売代理店である株式会社千代田テクノルが、公益社団法人日本アイソトープ協会を通 じて販売しているため他社との競争を許さない。よって、国立大学法人筑波大学財務 規則第66条第4項及び同施工規程第67条第1号の規定により随意契約に付すもの である。 病院総務部管理課
24 2020年03月31日 役務 随意契約 医療用画像管理システムCentricity PACSの保守 1 25,977,600 25,977,600 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 東京都日野市旭が丘四丁目 医療用画像管理システムCentricity PACSの保守は、統合医療情報システムの一部として、そ の使用頻度が多大であり、装置の安定した機能を維持し、安全に患者の検査を実施するため には、定期的な保守が必須となる。  本システムは、GE社(米国)の製品であり、本システムの保守を行う者は、システム全体を 熟知している者でなければならず、その構成品の点検・保守作業を正確に行える国内唯一の 輸入・販売店であるGEヘルスケア・ジャパン株式会社が、直接保守請負業務を行う唯一の 業者である。  また、本装置全体の性能保障についても同社のみが責任を負うことができる。  よって、国立大学法人筑波大学財務規則 第66条第4号 及び 同施行規程 第67条第1 号 により、GEヘルスケア・ジャパン株式会社と随意契約を結ぶものである。 病院総務部管理課

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)
Copyright (c) 2020. University of Tsukuba All Rights Reserved.